Jリーグの歓声も聞こえてきます | キムラヤのパン|岡山を中心に愛されて100周年。岡山木村屋

Interview 024

Jリーグの歓声も聞こえてきます

「ハイスクール ベーカリー店 アルバイトスタッフ」小倉 敏恵さん

ロゴ

「 空手の全国大会がある日はたくあんサラダロールが大人気なんですよ 」

岡山市北区にある岡山県総合グラウンドは、Jリーグ・ファジアーノ岡山のホームスタジアムでもある陸上競技場(シティライトスタジアム)や、岡山シーガルズの試合も行われるジップアリーナ岡山、プールなどを備えた運動公園です。

訪れたのは暑い日でしたが、日陰には夏休み中の小中学生が集っていました。地元の子どもたちの憩いの場でもあるようです。

そんな岡山県総合グラウンドのすぐそばに、おかやまキムラヤハイスクールベーカリー店があります。

ハイスクールベーカリー店は、隣接する岡山商科大学附属高等学校の販売教育実習協力店でもあります。

名前の通り、高校生が店頭に立つこともある、ユニークなキムラヤです。

イートインスペースがあり、この日はアイスコーヒーで涼を取る男性たちで賑わっていました。

今回お話を聞くのは、キムラヤハイスクールベーカリー店のアルバイトスタッフ、小倉 敏恵さん。

取材の写真撮影中、「あれ、小倉さん、今日は何のモデル?」そんな声が飛び交う、アットホームなハイスクールベーカリー店。

そんなふうについ声をかけたくなる、穏やかな雰囲気が小倉さんにはあります。

ちょっと驚きのハイスクールベーカリー店ならではのエピソードや、プライベートではまっている色々な「手作り」について、お話を聞くことができました。

サッカーや岡山マラソンの熱気伝わるハイスクールベーカリー店

――ハイスクールベーカリー店は、高校生がお店に立つこともあるそうですね。

小倉: はい、授業の一環で、厨房でのパンづくりや、接客などの実習をします。

ときどき「ハイスクールベーカリー店」という名前から、高校生が運営しているお店と思って来られる方がいらっしゃって「先生ですか?」なんて聞かれることもありますが、もちろん先生ではありません(笑)

子ども2人はすでに結婚していて、普段なかなか高校生と話す機会もないので実習はとても新鮮です。

今の子たちはこんな風に思うんだ、と知るきっかけになりますね。

2020年は中止になりましたが、例年、夏休みにひとり3日間ずつの実習があります。

――3日間も!しっかり学べそうですね。

小倉: 色々な体験ができる3日間です。

色々な企業の仕事が体験できる中、キムラヤにも来てくれます。常連の高校生が実習に来てくれると、特に嬉しいですね。

高校はすぐ隣なので、実習以外でも普段からお客様として来てくれる高校生が多いです。

岡山県総合グラウンドという大きな運動公園がすぐそばにあるので、ウォーキングやイベント帰りのお客様も多いです。

イベントやスポーツを通してお友達になられた方が、ちょっとしゃべり足りない、なんて時に、カフェスペースがあるこの店がぴったりなんでしょうね。

ファジアーノ岡山の試合の歓声が聞こえてきたり、岡山マラソンのスタートとゴール地点もすぐ近くなので応援もできます。

スポーツを身近で感じられる店舗ですよ。

――熱気が伝わってきそうですね。県外のお客様も多いんじゃないですか?

小倉: そうですね、お土産を買って帰られる方が多いです。バナナクリームロールが一番人気。皆さんよくご存じです。

運動公園のイベントがある日はチェックして、仕入れの量も調整するんですよ。

毎年、空手の全国大会が岡山で開催されます。そのときはたくあんサラダロールのご購入がすごく多いです。

出場する子どものママさんたちの間で話題になってるのかな、と思います。

普段から人気商品ですが、その日はいつもよりたくさん仕入れます。

――おもしろいですね!ハイスクールベーカリー店でぜひ食べてほしいメニューはありますか?

小倉: パンDEソフトは、キムラヤの中で3店しか販売していないメニューなのでぜひ食べてほしいです。

ジャージーソフトクリームが、温かいパンに乗っています。

ぜひ、お試し下さい。

実際に食べてみると、最初は冷え冷えの濃厚なソフトクリームが味わえて、時間がたつとパンにクリームが染みこんでジュワッと。2つの美味しさが味わえます。

〇〇からバッグを手づくり

――小倉さんは2007年からおかやまキムラヤハイスクールベーカリー店で働かれているのですね。きっかけはあったんですか?

小倉: この近くに引っ越してきて、子ども2人が中高生になったくらいで仕事を探していたところ、ちょうど募集を見つけました。

今は美味しいパンに囲まれているので機会は減ったんですが、以前はよく自分でパンを焼いていたほど、パンが大好きです。

総社で生まれ育ったので、キムラヤはずっと身近にありました。

小学生の時、キムラヤの工場見学に行ってバナナクリームロールをもらった思い出もあります。

焼きたてのパンの香りに包まれて仕事ができたら楽しいだろうなと思い応募しました。

結婚前は医療系の仕事をしていて接客の仕事も好きなので、ここで働きたいなと思いました。

働きやすい職場で、あっという間の13年。働き始めたころに中高生だった子どもたちは2人とも結婚し、孫が2人います。

孫たちとはよく運動公園で遊んでいます。

――小倉さんにとっても、運動公園は身近な場所なんですね。

小倉: お店まで歩いて15分くらいなので、気候がいい日はウォーキングを兼ねて運動公園を歩くこともあります。

桜、紫陽花、紅葉など四季折々の植物を楽しめて、気持ちが良いですよ。

――ほかに、何か最近はまっていることはありますか?

小倉: 色々なものを「手作り」することにはまっています。このマスクも自分で作ったんですよ。

――そうだったんですね!パンの柄がかわいいですね。

小倉: パン屋のスタッフなのでパンの柄にしました。こんな風にオリジナルで仕上げられるのが手作りの良さですよね。

「あら、マスクがパンの柄!」と、お客様との話題のきっかけにもなります。

ほかに、おじいちゃん・おばあちゃんのネクタイや着物をリメイクして、バッグや洋服を作ったりもしています。

――レトロな柄が素敵ですね。よく見ると、生地がネクタイの幅になっていますね!

小倉: こんな風にリメイクするのがマイブームです。

ほかに、主人の実家に梅の木があって、ここ数年、梅ジュースやジャム、梅干しやしょうゆ漬けを作ったりもしています。

――こんなにたくさん!美味しそうですね。

小倉: お客様にレシピを教えていただいて作ったりもします。 接客のお仕事は、どんどん世界が広がっていきますね。

取材を終えて

Jリーグ・岡山マラソンなどスポーツイベントごとにさまざまなお客様が訪れる、ハイスクールベーカリー店。

イベントごとに細やかに仕入れを調整しているんですね。

取材に行った日、カフェスペースは常連さんで賑わい、とても楽しそうな雰囲気でした。

取材中に味わったパンDEソフトが美味しくて、この日はとても暑かったこともあり、一生忘れられない味になりそうです。

小倉さんに教えていただいたのですが、岡山県総合グラウンドには津島遺跡や「遺跡&スポーツミュージアム」もあるそうで、またじっくり行ってみたいです。

観光や試合観戦、スポーツ大会などで訪れた際は、ぜひハイスクールベーカリー店にも立ち寄ってくださいね。

パン柄マスクの優しい小倉さんに会えるかもしれません。

私は次回もパンDEソフトをオーダーしたいと思います。

小倉さんおすすめパンのコーナー

1位 チーズマヨパン

チーズがパリパリで食感も楽しめます。

2位 明太子フランス

トースターなどで焼くとさらに美味しいです。

3位 きなこ餅ドーナツ

もちもち生地がたまらないドーナツ。

Writer

こばん

岡山県浅口市在住。日本全国をカブで旅するフォトライター。大阪府出身。 好きなキムラヤのパンは「チーズの山」。


関連記事Recommend

Interview 005


小さな親友のおかげで毎日をがんばれる

「イオンモール倉敷店 パートスタッフ」清水さんのひととき

Interview 002


お土産をあげたくなってしまう みんなの娘的存在

「Aコープたかまつ店・キムラヤのパン&キムラヤベーカリーカフェ パートスタッフ」古田 早苗さんのひととき

Interview 014


「いつもの安心感」を支えるベテランスタッフ

「アイネスフクヤマ店・キムラヤのパン&キムラヤサンドイッチカフェ パートスタッフ 」赤尾さんのひととき

PICK UP KEYWORD