元人気カフェスタッフがつくる笑顔あふれる空間 | キムラヤのパン|岡山を中心に愛されて100周年。岡山木村屋

Interview 023

元人気カフェスタッフがつくる笑顔あふれる空間

「シティホテル桑田町店 パートスタッフ」本田 綾香さん

ロゴ

「今日のインタビューはどんなことを聞こうかな」

「どんなふうに会話を盛り上げよう」

そんなインタビュアーの心配も束の間、キムラヤ桑田町店で迎えてくださったのは、素敵な笑顔がチャーミングな本田さんです。

緊張なんてどこ吹く風、会って数分でとてもなごやかな雰囲気に。

先程までは知らない人だったことを忘れさせるほど楽しい時間でした。

そんなステキな雰囲気をお持ちの本田さんは、岡山駅からほど近いキムラヤのパン シティホテル桑田町店で2018年から働かれています。

今回は、本田さんへの笑顔あふれるインタビューの様子をお伝えします。

キムラヤの前職は・・・?

――キムラヤで働くようになったキッカケを教えて下さい。

本田:ここで働き始める前は生活の中に自分の時間がなかったんです。

ここでパートとして働けば、自分の時間もできると思って働き始めました。

やっぱりパートならではの柔軟な働き方は魅力ですね。

今では散歩をゆっくりできるくらい、時間にゆとりができました。

――ということは前職ではかなりお忙しい仕事をされていたんですね。

本田:実はカフェを経営していたんです。

カフェを経営していた頃は、すごく忙しかったんですよ。

20席ほどの小さなカフェに、毎日たくさんのお客さんが来てくださっていました。

また、カフェをやっているときに子どもが生まれたので、子育ても加わって、毎日がてんやわんやでしたね。

仕込みもあるので、小さい子どもにも手伝ってもらったりして(笑)

朝から仕込みをして、昼ごはんもろくに食べられないような忙しさでした。

ベビーカーを右手でゆすりながら、左手ではオムライスを作っているなんてこともありましたよ。

ただ、忙しかったけど、すごく楽しかったですね。

メニューの中では、特にフルーツパフェが人気でした!

カフェ自体は数年前にやめちゃったんですけど、いい思い出ですね。

頼れるパートナーとの日々

――カフェはおひとりで経営されてたんですか?

本田さん:実はカフェのオープンは夫に付き合わされたんです(笑)

夫はほんとにじっとしているのが苦手で、会社に所属せずになにかやってみたかったそうなんです。

そんなキッカケから、 夫婦ふたりで憧れだったカフェをオープンすることになりました 。

――すごくアクティブな旦那さんなんですね。

本田さん:そうですね。ほんとに活発です。コロナウイルスで自粛していたときなんて、毎日ソワソワしていました。

2週間に1回は夫の運転でプチ旅行に行きます。

私も旅行は大好きなんですけど、運転が苦手なので運転は全部夫におまかせ。

いつも「旅行に行こう!」と言い出すのは夫なんです。

なので、わたしはいつもついていっています。

昔からほんとにアクティブな人です。

二十代のころに出会ってからずっと今も仲良しで、子どもに話すときよりも、なんでも相談できます。

子どもからは「仲良すぎ!」と言われて嫌がられるんですけどね(笑)

授業参観も毎回夫婦揃って行っていたので、子どもにとってはそれが嫌だったみたいですが(笑)

若いときからよく旅行に連れて行ってもらってました。

笠岡とか、岡山の花火大会とか。いい思い出です。

――出会いについて聞かせてもらってもいいですか?

本田さん:夫はカフェをオープンする前に勤めていた会社の後輩なんです。

デスクが隣だったので仲良くなりました。

岡山県津山市の会社だったので、当時周りはすごく田舎でしたね。

車もほとんど通らないので、夫と車ですれ違う時に当時聴いていたミスチルのCDをふたりで交換し合っていました。

今も昔も、その時のミスチルの曲を大切に聴いています。

先日は福岡まで夫と車でミスチルのライブに行きました。

昔はカフェの経営が忙しすぎて、二人で遠出をするような時間はなかったのですが、今はキムラヤでゆったり働かせてもらっているので時間があるんですよ。

最近はライブがコロナウイルスで中止になってしまっているので、早く行きたいなと思いますね。

――最後に、これからやりたいことはありますか?

これからも変わらず、夫とミスチルのライブに行ったり、旅行をしたり、楽しい時間を過ごしたいですね。

今が、すごく楽しいんです。

たくさん働いて、はやくライブで盛り上がりたいですね!

取材を終えて

終始、笑顔が絶えない取材でした。

本田さんのはつらつとしたお話や、「小さいことは何も気にしません」という激動の生活に、取材しているこちらが楽しませていただきました。

激動のカフェでの経験、ミスチルへの愛に笑顔をいただき、出会ってから毎日のように一緒にいる大切な旦那さんとのエピソードにほっこり。

そんなステキな本田さんが働いているキムラヤ桑田町店は、毎日笑顔があふれる職場で、お客様も快適に過ごせる場所です。

ぜひ、お近くに立ち寄った際にはキムラヤ桑田町店に行ってみてくださいね。

本田さんおすすめパンのコーナー

1位 ハラペコッペ(海老と玉子のスイートチリ)

お昼ごはんにもなるボリューム満点のパン!

2位 クリームクロワッサン

サンドされたクリームの優しい甘みにハマってしまいます!

ベーカリー

3位 リングドーナツ (チョコスプレー)

ふんわり食感の王道ドーナツです!

Writer

武田ヒカ

ブログメディア「note」でエッセイや日々の記録を書いています。好きなキムラヤのパンは「いちごフルーツサンド」。


関連記事Recommend

Interview 018


小さなころから感じていたパンへのあこがれ

「笠岡駅前店 パートスタッフ」湯淺 真理子さんのひととき

Interview 006


フレンドリーな接客とお客さんの笑い声で、一足踏み入れるだけで元気が伝わってくる場所

「一宮店・キムラヤのパン&キムラヤサンドイッチカフェ パートスタッフ」谷口みゆきさんのひととき

Interview 004


孫とともに楽しむキムラヤのパン

「表町本店 パートスタッフ 」竹内 明子さんのひととき

PICK UP KEYWORD