MENU

Interviewインタビュー

初めての食品業で
自分から動くことを大切に

梶谷食品所属

三浦 翔太

2018年入社

仕事内容

シガーフライ等のビスケット製造ラインで、包装紙の充填・状態の確認や、包装機のトラブルへの対応など機械のメンテナンスを行っています。

自分から動くと、
「ありがとう」がついてくる。

「自分から行動する」ことを心がけています。流れがある程度決まっている仕事の中でも、誰が何に困っているのか、これからどんなことに困りそうかを予測し、まずは自分が動くことが大事だと思っています。
結果的に仕事の効率を上げることにもつながりますし、まわりのスタッフに「ありがとう」と言ってもらえると嬉しいですね。

初めての食品業に
思い切って踏み出す。

この会社に入社する前は全く別の業界で働いており、初めて食品業に転職しました。入社する前は不安だらけでしたが、先輩方に一から丁寧に指導をしていただき、迷惑をかけながらも楽しく、充実しながら毎日仕事に励むことができています。
「できるかできないか」ではなく「思い切ってやってみること」も大事な一歩だと気づかされました。

まずは経験を積み
積極的に会社に発信したい。

これからについては、まずは自分がもっと会社に馴染む努力をして経験を積んでいきたいと思っています。
食品業界に対しての経験は浅いですが、そのぶん問題点や改善点を発見しやすいと思っています。気づきや改善点を積極的に会社へ発信していき、会社がより良い場所になるように関わっていきたいと思っています。

私にとっての
岡山木村屋グループImage of company

「社会に貢献できる場所」です。
この会社での仕事を通じた経験は自分の生活を豊かにできるとともに、そしてどこかの誰かの役に立っていると思っています。一人では難しい事も、岡山という地域に根ざした会社で働くことによって、社会に貢献できているという手応えがあります。

興味を持っていただいた方へMessage to you

『食』は、人にとって切っても切れない役割があります。そして食品は常に安心、安全ではないといけません。その安心と安全を守るのが私たちの仕事です。
そんな大切な役割を持った食を仕事にしてみませんか?