MENU

Interviewインタビュー

「やっぱりおいしい」を
生地作りで支える

岡山木村屋所属
第二生産

平川 亜香里

2018年入社

仕事内容

仕込の担当で、砂糖・塩・油脂・卵などパン作りに必要な材料を配合表を元に計量し、ミキサーで混ぜてこねることが主な仕事です。実際に店頭に並ぶパンたちの生地を作るので、責任の大きな仕事内容ですが、パンの焼きあがりを見るととても嬉しく、やりがいのある仕事だと思います。

少しずつ経験を重ね
時間を見た生地作りを習得!

一番印象的なできごとは、先輩から「時間を見ながら作業ができるようになったね」と言われたことです。生地作りは季節や気候によって微妙に配分が変わるので、とても繊細な作業です。
最初は作業に慣れることに必死で、なかなか時間通りに終わらず苦労しました。ただ、経験を重ねるうちに少しずつコツを掴み、時間を見ながら作業できるようになり、指導してくださった先輩に褒められたときはとても嬉しかったです。経験を積み、少し一人前の社員に近づけたような気がして、とても印象に残っています。

難しい資格試験に挑戦し
やってみる姿勢が身についた。

一番大きいのは学生時代に資格取得に挑戦したことです。難しい試験だったため、初めは取り組む前から諦めようかと思ったのですが、友達や先輩に後押しされ、頑張ってみることに決め、必死に勉強して合格することができました。合格したことは自分の自信につながり、やる前から諦めるのではなく何事もまずはやってみようという気持ちを持つきっかけとなり、一歩踏み出せたのかなと思います。

やっぱりおいしい木村屋のパン
メンバー全員で取り組む。

岡山木村屋グループは、地域に密着し「大きな企業になるよりよい企業であるため」に、お客様を第一に考えている会社です。販売員はもちろん、お客さまと直接関わる機会の少ない工場で働いている人達も含め、岡山木村屋で働く全員がお客さまに寄り添った接客や安全なパン作りを行っています。
いつまでも「やっぱりおいしい木村屋のパン」と言ってもらえるように100年で培ってきた伝統の製法を受け継いでいくことはもちろん、新しい分野にも会社としてどんどんチャレンジしていきたいです。

私にとっての
岡山木村屋グループImage of company

自分自身をスキルアップさせてくれる場所です。
岡山木村屋は教育制度が整っているため、さまざまな資格取得にチャレンジすることができ、パンの知識や技術が深まり、より一層仕事に対する活力が生まれます。
私自身も、パンの知識をよりつけるために、資格取得に励んでいる最中です!

興味を持っていただいた方へMessage to you

この会社に入社して日はまだまだ浅いですが、先輩方、上司の方々、みなさん気さくな方たちばかりなので毎日楽しく仕事をすることが出来ています。少しでも岡山木村屋に興味を持っていただいているのであれば、ぜひ一緒に働きましょう。